新築向けガーデン 施工例

茨城県猿島郡境町 G様邸

リビングに居てホッとするガーデンテラス

ご依頼内容

リビングの向かい側にご主人様の実家があり玄関から丸見えだった為、いくら身内でも落ち着かないと言うことで、リビングに居てプライベートが保ててホッと一息つけるお庭が欲しいと言うご要望でした。

設計コンセプト庭面積:33㎡(約10坪)

ご実家の玄関とお客様のリビングが向かい合わせになっていた為、ウッドデッキから降りた庭空間をタイルテラスにデザインしました。一番気にしていたご実家の玄関からの目隠しをするため塀を高くし、緩和する為に上部をウッド調のフェンスで和らげました。

お庭との境は自然石で区切り、自然な雰囲気を出す為に落葉樹を中心に植えました。樹木の間を通って来客が直接庭の縁側に行けるようにしました。
樹木リスト:右からヤマモミジ、ソヨゴ、ヒメシャラ

ウッドデッキは、エッジ(角)が綺麗に見える樹脂デッキ、タカショー『エバーエコウッドⅡグランデ』を使用、昔ながらの縁側を表現しました。最近では、こちらのウッドデッキ素材が人気です。

アプローチは少し和をイメージした、鉄平石の乱張りと白の御影石のボーダー石の組み合わせで延段風石をイメージしました。(※延段とは、庭に設けられた石張りの通路です。飛石とは、違い石と石の隙間がほとんど無いため歩幅を気にせず歩く事ができます。)